​SORRY UNDER CON STRUCTION

その他取扱品

くらしを耕す会で扱うもの

  1. 地産地消、地域自給
    水でつながった、飛騨・木曽川流域自給をつくることをテーマに、産・消の関係性を大切にしながら、安心して食べられるものを扱います。

  2. 本来の作り方をしたもの
    地場の有機農産物を中心に、農薬や添加物を極力使用しないで生産されたものを扱います。

  3. 生活に必要なもので、手に入りにくいもの

  布ナプキンなどのオリジナル企画ひんや和紡ふん、無蛍光肌着など

  • 上記の3つの条件を原則に、極力生産現場を訪ね、つくり方に納得のいくものを扱います。

​  訪問の様子はこちらから

   山のハム工房 ゴーバルさま

   手造りみそ 浅野やさま

   国産小麦手作りのパン わっぱんさま

   水車むら農園さま

   手づくり豆腐の豆喜庵 福盛屋商店さま

  • 単に良いものを求めるにとどまらず、つくり手・食べ手が共に食べ物や農業・暮らしの在り方などを問い直し、流域に豊かな生命地域を創ることを目指します。